受講生専用サイトへ (準備中)

令和時代の共生社会を創造するトップリーダーの育成 ふくし未来塾 ー第2期ー

令和時代の渋沢栄一を輩出する

開催要綱

詳細はこちら

申込書

詳細はこちら

動画登録先

詳細はこちら

申込受付中

・お送りいただきました受講申込書はお返しいたしませんのであらかじめご了承ください。
・ご記入いただきました個人情報は、「ふくし未来塾」の受講選考並びに運営に限り使用いたします。また、本会のプライバシーポリシーはWEBサイトからご参照ください。

全国社会福祉協議会の前身である中央慈善協会の渋沢栄一初代会長は、
その91年に及ぶ生涯において約600の社会公共事業・教育機関を興しその支援と民間外交に尽力しました。
2040年に向け、人口構造が大きく変化するとともに地域生活課題が一層厳しさを増す昨今、
社会福祉の制度の枠にとどまることのない
令和時代の共生社会を創造し、けん引するトップリーダーを育成します。

「ふくし未来塾」
の理念

「全社協福祉ビジョン2020」がめざす「ともに生きる豊かな地域社会」を実現するため、社会が必要とする社会福祉実践を展開する社会福祉法人の経営人財の育成を見据えて、理論と実践の実学とともに、実務家としての資質に必要とされる倫理的価値観の形成と人間力を涵養することを本塾の理念とします。

カリキュラム

1

動画視聴

Web配信の動画による自学自習を行う。「ふくし未来塾」の理念・目的の達成のために社会福祉事業・法人の経営管理に必要な知識を体系的に学習できるように、基幹課程:「福祉の思想と実践」、「社会保障・福祉政策と経済・財政」、「社会福祉法人経営と倫理」、応用課程:地域共生社会の実現に向けて「ともに生きる豊かな地域社会に向けた実践的取組」、発展課程:弛まぬ知的探求が成し得る実践「令和時代の社会福祉を創造するために」の3段階の課程を設定する。

2

ゼミ

面接授業・修論ゼミの少人数グループで、Web配信の動画からの学びの共有、その後の実践に向けて、共生社会を創造するための福祉の実学のテーマについて討議、発表を行うことで学びを深める。

3

演習/「ふくし未来演習Ι

公益・利他を追求し、
ともに生きる豊かな地域社会をつくる
(5年2月~4月に3泊4日を予定)
※全塾生がロフォス湘南に会し、宿泊合宿を行います

❶自組織の歴史と福祉サービスの質
(自己分析・理解)

塾生が在籍する社会福祉法人の設立の歴史、理念、当時の時代背景、地域社会の状況等と今日の運営と今後の福祉事業の展開の課題について塾生同士報告し、未来志向の取り組みを考察します。

❷公益の追求
(新たな事業経営の創造)

自組織と地域社会の分析を通し、社会福祉法人経営における、福祉の価値を体現する新たな事業経営の創造に向けた行動原案を作成します。

❸全体発表、ふりかえり

ゼミごとの発表により、指導講師、塾生間での全体共有、ふりかえりをします。

4

修了論文

さらなる学びと実践をめざして

ゼミ、演習での研鑽を経て、塾生としての学びの集成であると同時に、実践の起点ともなる修了論文を提出します。修了論文は、「ふくし未来演習Ⅰ」の指導講師が論文指導を行います。

「ふくし未来塾」
における学び

令和時代の共生社会を創造するトップリーダー 令和時代の共生社会を創造するトップリーダー

アドミッションポリシー(本塾が求める人材)

  • 社会福祉法人の次世代の経営者をめざす社会人
  • 社会福祉法人組織で新たな事業経営と福祉実践の創造を通じて、キャリアアップをめざす社会人
  • リーダーシップを備え、社会福祉の総合性と専門性の学びを追求し、福祉の価値(人間の荘厳さ)を体現する高度な経営者をめざす社会人

募集要項

受講期間
(第2期)
令和4年10月から令和5年9月まで
(開講式 令和4年10月5日 於:東京ビッグサイト) ※継続受講あり
塾生定員 30人
入塾資格 社会福祉法人の役職員であって、法人からの推薦があること
※入塾に際しては、本会において選考を行います。
入塾料 3万円(資料・テキスト代、受講管理費、演習運営費として。ただし、これとは別にゼミ、演習(合宿形式)にかかる交通費、宿泊費・食事代(ロフォス湘南)等、塾生個人に要する費用は、自己負担)
修了証

株式会社 福祉保険サービス
代表取締役社長
松寿 庶

全国社会福祉協議会会長
中央福祉学院学院長
清家 篤

塾生(修了生)への情報提供等

専用WEBサイトの開設・運用、メールニュースの配信、「月刊福祉」の毎月送付
各種交流事業の実施 他

応募要項フォームへ
主催 運営協力
受講生専用サイトへ

(準備中)