このページの先頭ですサイトメニューここから

このページの本文へ移動

ふれあいネットワーク 社会福祉法人 全国社会福祉協議会

close

サイトメニューここまで

本文ここから

福祉のガイド

福祉の資金 貸付制度・助成

「2020年度 社会福祉士・精神保健福祉士海外研修・調査」募集情報

新規ウインドウで開きます。公益財団法人社会福祉振興・試験センターホームページに移動する

目的 諸外国における社会福祉の相談援助の方法・技能について実地に研修・調査を行い、社会福祉士・精神保健福祉士の資質の向上等に資することを目的としている。
実施主体 公益財団法人社会福祉振興・試験センター(以下「センター」という。)
実施国 派遣者自身が選定する。
実施期間 概ね15日から30日(入出国日を除く3分の2以上は研修実働日に当てることとする)。
研修・調査テーマ 専門職の実践的役割とその実態について等、派遣者自身が選定したテーマに則って研修・調査を行う。

※単なる現地施設見学や現地におけるセミナーに参加することだけを目的としたもの等は認めない。

対象 次のいずれにも該当し、日本社会福祉士会または日本精神保健福祉士協会の推薦を受けた方(同会・同協会の会員であるか否かは問わない)。
  1. ① 2020年9月1日現在25歳以上55歳未満で、社会福祉士または精神保健福祉士の資格取得後3年以上の方
  2. ② 2020年9月1日現在社会福祉施設等において現に相談援助業務に従事して3年以上の方
  3. ③ 研修終了後も引き続き相談援助業務に従事する意志を有する方
  4. ④ 過去においてセンターの海外研修に参加したことのない方
募集人員 5名以内
研修・調査費用 センターが必要と認めた額を交付する(航空運賃、滞在費、通訳費等)
申し込み方法 日本社会福祉士会または日本精神保健福祉士協会へ問い合わせの上、各会宛所定の書類を提出してください。
個人情報の取り扱いについて 申請書に記載された個人情報は、本研究奨励基金における運営管理の目的のみの利用とする。
申込書類提出期限 2020年5月8日(金)
選考方法 書類審査により決定し、選考結果は6月下旬に通知する。
問い合わせ先

本文ここまで