全国社会福祉協議会のホームページです

HOME >> 全国社会福祉協議会の調査・研究報告、統計情報 >> 高齢者・障害者を悪質商法の被害からまもるために(パンフレット)

全国社会福祉協議会の調査・研究報告、統計情報

高齢者・障害者を悪質商法の被害からまもるために(パンフレット)

1 事業名 障害者を悪質商法の被害からまもる啓発事業
(報告書名) 高齢者・障害者を悪質商法の被害からまもるために(パンフレット)
2 実施年度 平成18(2006)年度
3 実施主体 社会福祉法人 全国社会福祉協議会
4 補助・助成の有無 有(障害者保健福祉推進事業等事業)
5 事業の目的

地域社会において、障害者の消費トラブル被害の早期発見、未然防止、早期対応を行うため、支援者や専門家の役割や支援方法を明らかにし、地域における支援体制づくりを推進することを目的に実施。

6

報告書の目次

(体裁)

A4判、28頁、4色

本書のねらい/1 悪質商法被害とは/2 障害のある人の特性と被害の特徴/3 早期発見・早期対応〜被害を最小限に!再発防止に!

7 報告書の入手
(提供)の可否
入手(提供)可能

・入手(提供)条件

・注文方法

〔提供形態〕
パンフレット
〔料金〕
1部100円(送料実費)
〔提供方法〕
郵送
・連絡先 全国社会福祉協議会地域福祉部
03-3581-4655 Fax03-3581-7858
z-chiiki@shakyo.or.jp 
8 事業内容と成果  
(1)事業内容

障害者等を悪質商法被害から守るために、専門組織と地域社会の協力による発見・アプローチの方法、および解決の手順・方法を明らかにし、マニュアルの作成を行い、関係団体との協働による訪問活動と地域における継続的な支援体制づくりを推進することを目的に作成。

(2)事業の成果等
 

@

悪質商法被害の内容パンフレットの作成、配布により、当事者・関係者の悪質商法被害に対する理解が深まった。

A

悪質商法被害の防止、早期発見の一助となった。

B

関係者との協働による訪問活動等地域における見守り、支援の活動が強化された。
      
9 報告書の概要
悪質商法等消費トラブルの被害を、できるだけ早期に発見し、専門機関等につなげたり、また、消費トラブルの発生そのものを防いだりするために地域で取り組む際の留意点を下記の項目について解説している。
 

@

どのような悪質商法に遭いやすいのか?

A

どうして被害に遭いやすいのか?

B

被害をできるだけ早く発見するにはどうしたらよいか?

C

被害を発見した場合、どう対応したらよいか?

D

まちぐるみで悪質商法に立ち向かうにはどうしたらよいか?
      

パンフレット全文をご覧になりたい方はこちらクリック(pdf形式:1,201KB)

↑上へ戻る

<<HOME(トップページに戻る)