全国社会福祉協議会のホームページです

HOME >> 全国社会福祉協議会の調査・研究報告、統計情報 >> 定年退職者の地域活動の開発・支援のあり方に関する調査研究事業の概要

全国社会福祉協議会の調査・研究報告、統計情報

定年退職者の地域活動の開発・支援のあり方に関する調査研究事業の概要

1 事業名 定年退職者の地域活動の開発・支援のあり方に関する調査研究事業
2 実施年度 平成19年(2007)年度
3 実施主体 社会福祉法人 全国社会福祉協議会
4 補助・助成の有無 厚生労働省
民間社会福祉事業助成費補助金
5 事業の目的 定年退職者が主体となり、地域社会に生じている様々な問題、公共性・公益性の高い課題等を自ら解決しようとするボランティア・市民活動の優れた実践事例を取り上げ、分析・検討することを通して、退職者の特性・長所を活かした新たな活動モデルを見出し、その開発や継続的支援の方策を明らかにすることを目的に、本調査研究を行った。
6 報告内容と成果 「定年退職者の地域活動の開発・支援のあり方に関する調査研究委員会」を設置し、本委員会(3回)、作業委員会(3回)で検討を行うとともに、実践ヒアリング(12か所)を実施した。その成果をもとに、退職世代の地域活動参加に関わる意識特性や課題、中間支援組織(ボランティアセンター等)による支援のあり方、ヒアリング事例(先進的取り組み)の紹介、退職世代を対象とした地域活動のプログラム案等を含む報告書『退職世代が地域を変える』を取りまとめ、全国の社協等に配布した。
7 報告書の概要 タイトル「退職世代が地域を変える 〜定年退職者の地域活動の開発・支援のあり方に関する調査研究事業報告書」

ヒアリングからみえてきた退職世代の状況として、退職世代はまだ地域には戻れないこと、多様であることが判明。また、活動的なグループの共通項があることや、自主性・自立性の尊重が大切であることがわかった。ほか、プログラム開発に必要なことや中間支援組織等の役割をまとめた。
8 報告書の目次
  1. 退職世代をまきこむために 退職世代の心もちを大切に
  2. 中間支援組織等の役割
  3. プログラム案
  4. 地域で新たなつながりを ヒアリングから
  5. 参考 団塊の世代を理解するキーワード
9 報告書の入手
(提供)の可否
不可(一部ダウンロードにより可)
・入手(提供)条件
・注文方法
T〜V・X章のダウンロードは、 こちらをクリックしてください。
・連絡先

全国社会福祉協議会・地域福祉部/
全国ボランティア・市民活動振興センター
〔電話番号〕 03-3581-4656
〔FAX番号〕 03-3581-7858
〔電子メール〕vc00000@shakyo.or.jp

↑上へ戻る

<<HOME(トップページに戻る)