全国社会福祉協議会のホームページです

HOME >> 全国社会福祉協議会の調査・研究報告、統計情報 >> ボランティア活動推進ガイド「大学におけるボランティアセンターのすすめ」作成・普及事業の概要

全国社会福祉協議会の調査・研究報告、統計情報

ボランティア活動推進ガイド
「大学におけるボランティアセンターのすすめ」作成・普及事業の概要

1 事業名 ボランティア活動推進ガイド
「大学におけるボランティアセンターのすすめ」作成・普及事業
(報告書名) 大学ボランティアセンターガイド
2 実施年度 平成16(2004)年度
3 実施主体 社会福祉法人 全国社会福祉協議会
全国ボランティア活動振興センター
4 補助・助成の有無 有 (教職員共済生活協同組合)
5 事業の目的

近年、大学では、教育・研究機関としての機能強化の一環として、地域に開かれた大学づくり、地域交流、地域貢献等が大きなテーマとなっており、学生とボランティア活動との橋渡し役である大学のボランティアセンターへの期待は大きくなっている。

センターを設置及び運営していく上での様々な課題に取り組む一助となるよう、大学ボランティアセンターガイド作成を企画した。

6 報告書の目次

第1章 なぜ「大学ボランティアセンター」が必要なのか

  1. (1) ボランティア活動を通して、学生の「市民教育」を進める
  2. (2) 「大学における学問」と「市民社会」を結びつける
  3. (3) 大学の社会貢献を推進するとともに大学の価値を高める
    ボランティアセンターのミッションを考えるワークシート

第2章 「大学ボランティアセンター」のプログラム

  1. (1) 「情報サービス」推進の視点
  2. (2) 「啓発・研修活動」推進の視点
  3. (3) 「ボランティアコーディネーション」推進の視点
  4. (4) 「プログラム開発」推進の視点
  5. (5) 「緊急援助活動支援」推進の視点

第3章 「大学ボランティアセンター」の組織と運営

  1. (1) 学内の組織的位置づけ
  2. (2) 運営に学生の適切な参画を図る
  3. (3) 学生が集まるスペースの確保
  4. (4) 教職員の参画促進
  5. (5) 学内のネットワーク
  6. (6) ボランティア関連科目との連携
  7. (7) 学外との連携
  8. (8) リスクマネジメント
  9. (9) スタッフ体制
  10. (10) 財政運営

第4章 参考資料

  1. 米国の大学におけるサービスラーニング
  2. 大学ボランティアセンターリスト
  3. ボランティア推進機関・団体等リスト
7 報告書の体裁 A4判/67ページ
8 報告書の入手
(提供)の可否
入手(提供)不可能
・連絡先 全国社会福祉協議会
全国ボランティア・市民活動振興センター
〔電話番号〕03−3581−4656
9 事業内容と成果

T 趣旨

大学生によるボランティア活動の振興を図るうえで、大学におけるボランティアセンターの設置・運営が有効と考えられる。しかし、大学自身が設置する場合、また学生が設置する場合のいずれにおいても関係者にはノウハウが乏しいことから、センター設置の理念(ミッション)の確立、スタッフの配置、ボランティアニーズの把握、関係機関との連携、ボランティア活動支援(コーディネート)に際しての留意点等について、ガイドブック作成・普及を通じた情報提供を行い、もって大学におけるボランティアセンター設置・運営の取り組みを支援し、大学生のボランティア活動の一層の振興を図る。

U 概要

1.大学ボランティアセンターガイド編集委員会の開催

ガイドブックとしての「大学ボランティアセンターガイド」作成にあたり、学識者等による編集委員会を開催し、その内容充実に向けた協議を行った。
〔編集委員会参加者〕

  • 上野谷加代子 氏(桃山学院大学教授)
  • 長沼豊 氏(学習院大学助教授)
  • 今井治 氏(明治学院大学ボランティアセンター 学生スタッフ)
  • 市川享子 氏(明治学院大学ボランティアセンター コーディネーター)
  • 村上徹也 氏(日本青年奉仕協会研究員)

2.「大学ボランティアセンターガイド」の発行、配布

平成17年2月に全社協主催で開催した「大学ボランティアセンター情報交換会」での意見交換をも踏まえ、「大学ボランティアセンターガイド」を作成し、大学をはじめとした関係団体に配布した。〈配布部数〉3,200部

V 成果

大学ボランティアセンター設置・運営に関するガイドブックは、まだ作成されることがあまりなかったために、大学ボランティアセンターを運営中の大学をはじめ、これから大学ボランティアセンターを立ち上げることを検討している関係者等からの反響は大きかった。今後の大学ボランティアセンター設置・運営への有効活用が期待されるとともに、当ガイドブックは、社会福祉協議会が各大学・学生とのネットワークづくりの橋渡し役となるための、有力な媒体資料とすることができた。

↑上へ戻る

<<HOME(トップページに戻る)