全国社会福祉協議会のホームページです

HOME >> 全国社会福祉協議会の調査・研究報告、統計情報 >> 「ヒント集 出会いから始まるパートナーシップ『里親と児童福祉施設の連携・協働をすすめるためのモデルプログラム』」の概要

全国社会福祉協議会の調査・研究報告、統計情報

「ヒント集 出会いから始まるパートナーシップ
『里親と児童福祉施設の連携・協働をすすめるためのモデルプログラム』」の概要

1 事業名 「ヒント集 出会いから始まるパートナーシップ
『里親と児童福祉施設の連携・協働をすすめるためのモデルプログラム』」
の概要
(報告書名)
2 実施年度 平成16(2004)年度
3 実施主体 社会福祉法人 全国社会福祉協議会
全国児童養護施設協議会
全国乳児福祉協議会
4 補助・助成の有無 無 (自主財源により実施)
5 事業の目的

児童の社会的養護が充実するためには、児童養護施設や乳児院等の児童福祉施設と里親とのパートナーシップ形成が重要である。

両者の相互理解や連携を図るための考え方や具体的なモデルプログラムを紹介している。

6 報告書の目次
  1. はじめに
  2. この冊子のねらい
  3. 里親と児童福祉施設のパートナーシップとは
  4. モデルプログラム実践
    里親と児童福祉施設のパートナーシップのためのモデル研修会
  5. その他のモデルプログラム
  6. 里親と児童福祉施設のパートナーシップ めざすべき目標
  7. 里親と児童福祉施設のパートナーシップ 乗りこえるべき課題
7 報告書の体裁 A4判/12ページ
8 報告書の入手
(提供)の可否
入手(提供)可能

※本ページ末尾のリンクボタンを押すとPDF形式で保存した報告書(パンフレット)全体をダウンロード(入手)することができます。

・入手(提供)条件 ◎ 印刷物のかたちで入手をご希望の場合は...
〔提供形態〕
冊子(パンフレット)
〔提供部数〕
在庫限り(冊数応相談)
〔料金〕
送料実費
〔提供方法〕
郵送
・注文方法 下記連絡先宛てにご連絡ください。
・連絡先 全国社会福祉協議会・児童福祉部
〔電話番号〕03−3581−6503
9 事業内容と成果
【実施事業の概要】

本会と児童関係種別協議会の協力のもと、「児童福祉施設による里親支援モデル事業委員会」(委員長:村井美紀東京国際大学助教授)を設置し、2003年に実施した「児童福祉施設による里親支援のあり方の調査研究」(福祉医療機構子育て支援基金助成)でのアンケート調査結果、及び実際に連携が取れている里親・児童福祉施設へのヒアリングをふまえ、両者のパートナーシップ形成のための課題整理、お互いを理解し子どもの育ちを支える関係を築くための方策、日頃から連携・協力するための仕組みについて検討を行った。

また、2005年2月には、相互理解・相互交流のきっかけづくりのためのモデル研修会を実施した。

これらの成果として、パンフレット「ヒント集 出会いから始まるパートナーシップ『里親と児童福祉施設の連携・協働をすすめるためのモデルプログラム』」を作成し、全国の里親会、児童福祉施設、児童相談所、社協等の関係者に配布した。


【具体的成果】

里親と児童養護施設がパートナーシップを形成するために必要となる事項を整理し、互いの養育や悩みを理解しあうこと、子どもの育ちを支える者同士であるという意識をもちあうこと、また、そのためには両者が知り合い理解しあうきっかけや仕組みが必要であることが明らかになった。

また、身近なところでのパートナーシップづくりを呼びかけるパンフレットは広く関係者に普及し、活用されるところとなった。

10 パンフレットの全文を見る#
(PDFファイル:5MB)

↑上へ戻る

<<HOME(トップページに戻る)