全国社会福祉協議会のホームページです

HOME >>第65回「社会を明るくする運動」〜犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ〜のお知らせ

第65回「社会を明るくする運動」
〜犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ〜のお知らせ

「社会を明るくする運動」とは

“社会を明るくする運動”は、すべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない地域社会を築こうとする全国的な運動です。

毎年7月の強調月間を中心に、ポスター、パンフレット、幸福(しあわせ)の黄色い羽根等を配布する広報活動や、作文コンテスト、全国刑務所作業製品展示即売会の開催等さまざまな活動が全国各地で展開されます。

主唱

“社会を明るくする運動”は、法務省が主唱している運動です。
 また、“社会を明るくする運動”中央推進委員会は、関係省庁、司法関係団体、自治団体、経済関係団体、社会福祉団体、教育関係団体、報道機関、青年運動・女性運動団体等さまざまな団体により構成されています。

強調月間

毎年7月を「社会を明るくする運動」の強調月間としています。

行動目標・重点事項

(1)行動目標

  • 犯罪や非行のない安全・安心な地域社会を築くための取組を進めよう
  • 犯罪や非行をした人たちの立ち直りを支えよう

(2)重点事項

犯罪や非行をした人を社会から排除・孤立させるのではなく、再び受け入れることが自然にできる社会にするため
 出所者等の事情を理解した上で雇用する企業の数を増やすこと。
 帰るべき場所がないまま、刑務所から社会に戻る人の数を減らすこと。
を重点事項とする。

※“社会を明るくする運動”のこれまでの経過や、主な行事の紹介、都道府県の問い合わせ先(全国の保護観察所にある“社会を明るくする運動”都道府県実施委員会)など、詳しい情報については、法務省のホームページに掲載されています。

“社会を明るくする運動”専用サイトへ移動する

法務省保護局のホームページに移動する

↑上へ戻る

<<HOME(トップページに戻る)