全国社会福祉協議会のホームページです

HOME >>全社協 福祉ビジョン2011 〜ともに生きる豊かな福祉社会をめざして〜

全社協 福祉ビジョン2011
〜ともに生きる豊かな福祉社会をめざして〜

 今、わが国は、貧困、虐待、孤立死、自殺、DV(家庭内暴力)被害、ホームレス、ニートなど、既存の社会保障・社会福祉ではなかなか解決に至らない問題が顕在化しています。

 全国社会福祉協議会では、国民の生活実態をもとに、現在の福祉課題・生活課題を明らかにし、求められる変革、めざす福祉の姿を提示し、その実現に向けて必要となる取り組みについて、国、地方自治体へ呼びかけ、広く国民の皆さまへ発信するとともに、新しい課題に向き合う社会福祉法人等の責任と使命(行動方針)を明確にすべく、平成22年度に「全社協 福祉ビジョン2011」を取りまとめました。

 平成26年度には、この間の政策委員会の構成組織における取り組みと、社会保障・社会福祉制度をめぐる改革の動向と課題等を踏まえ、全社協 福祉ビジョン2011「行動方針」について、2015年を起点としてさらに取り組んでいくために「第2次行動方針」として改訂しました。
 全国社会福祉協議会政策委員会の構成組織は、「全社協 福祉ビジョン2011」及び、「第2次行動方針」のもとに、新たな福祉課題・生活課題に向き合い、ともに生きる豊かな福祉社会の構築のため、今後の活動を展開していきます。

「全社協 福祉ビジョン2011」 第2次行動方針(平成27年3月)(PDF形式:4.54MB)

「全社協 福祉ビジョン2011」(平成22年12月)(PDF形式:1.5MB)

↑上へ戻る

<<HOME(トップページに戻る)