このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

福祉施設士

福祉施設士とは

「福祉施設士」は、全国社会福祉協議会が実施する「福祉施設長専門講座」の修了者に対し、全国社会福祉協議会会長が付与する民間資格です。「経営管理」「サービス管理」「地域における公益的な取組」をはじめ福祉施設長に必要な実践力を総合的に学び、昭和51年以降、5,300名超が講座を修了しています。

また、福祉施設士の資格取得者を会員とした「日本福祉施設士会」が組織され、現在、約1,200名の福祉施設士が入会しています。福祉施設士は、福祉施設の経営・管理全般にわたる生涯研修を通し、自己研鑽を行うとともに、専門知識と経験を活かし、施設福祉と地域福祉の推進に取り組んでいます。

福祉施設士資格の取得方法

全国社会福祉協議会・中央福祉学院が実施する「福祉施設長専門講座」を修了することにより、「福祉施設士」資格を取得することができます。

本文ここまで

サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
社会福祉法人全国社会福祉協議会
〒100-8980 東京都千代田区霞が関3丁目3番地2号 新霞が関ビル電話:03-3581-7851(代表)
Copyright(C)2016 Japan National Council of Social Welfare. All Rights Reserved.
フッターここまで
ページの先頭へ